飯島企画業務日誌

『金剛組』

Posted by 

おはようございます🌼

569A2364-D771-4442-AF52-BACCF91B602F

 

『金剛組』
578年(飛鳥時代)四天王寺建立のため聖徳太子によって百済(韓国)より招かれた3人の宮大工(金剛、早水、永路)のうちの1人である金剛重光により創業。江戸時代に至るまで四天王寺お抱えの宮大工となる。日本の建設会社で、6世紀から現存する世界最古の企業です。
創業から1955年の法人化を挟んで2005年まで金剛一族が経営してきましたが、1400年余りの歴史が途絶えようとする危機がありました。
元来、金剛組は神社仏閣建築の設計・施工、城郭や文化財建造物の復元や修理等を主に手がけている。旧来からの伝統的な建築を得意分野としてきましたが、神社仏閣にもコンクリート建築が増加したことにより大手ゼネコンとの価格競争に巻き込まれた結果、売上の減少や資金繰りの悪化により経営危機に見舞われ、すべての資産を売り払ってもなお数十億円の借金が残る債務超過状態にあった。「身の丈を超えてはいけない」という代々受け継がれてきた教えに”背いた”ことが一因だった。地価と建設需要が急上昇したバブル期、金剛組はマンションやオフィスビルなどの建設に手を広げる。バブル崩壊後も売り上げを維持するため、赤字になる額でも工事を受注。経営は悪化の一途をたどり、民事再生手続きの申請を準備するまでに追い込まれていたのです。
そこに、支援の手を差し伸べたのが金剛組とはまったく接点のなかった「高松建設」だったのです。高松孝育会長に迷いはなかったと言います。「伝統は一度壊れたら二度と戻せない。金剛組をつぶすのは、大阪の同業者として恥や」として高松建設はすぐに再建資金を手当てし、金剛組を傘下に入れた。現在は孫会社へ移行しています。
本来得意とする神社仏閣の受注が無ければ宮大工の技術継承は絶えてしまいます。

10月31日に発生した首里城の火災。正殿が全焼など、7つの建造物が焼失してしまいました。首里城は1992年に復元されましたが、丁寧に昔の古文書を調べ、戦前の首里城を忠実に再現されています。コンクリートで造るのではなく、昔の素材でつくり直すというあり方自体は、もっと見直しても良いのではないかと思います。日本で昔から残っているものは法隆寺くらいしか無く、大半は建て直しています。東大寺大仏殿も何度も消失していて、金閣寺も昭和になってから燃えて、あらゆるものをつくり直しているわけです。もちろん古い建物は大事ですが、一方で古い建物を造り直して、木造建築の技術を残すこと自体が重要だと思います。これから昔の建物を木造のままに造り直すと言うことを続けて行けば、もう1度宮大工が活躍する場所が出て来ます。実は建物自体よりも、造り直す技術のほうが無形文化財としての価値が大きいのではないでしょうか。伊勢神宮も式年遷宮で20年ごとに建て直しています。そのために常に新品だから、文化財ではないのですが、20年サイクルというのが親子間の技術伝承には最も良いのではないでしょうか
。技術は経験して、感(かん)を自ら修得するもので、言葉や文字では受け継がれません。経験を繰り返す事で、腕前が上がるのでは無いでしょうか。
画像、参考記事Wikipedia/https://www-sankei-com.産経WEST/http://ニッポン放送飯田浩司のOK! Cozy up!

『ローブデコルテ』

Posted by 

おはようございます🌼

183AF245-8095-4403-8079-4629C3A878B8

『ローブデコルテ』
皇位継承の儀式、行事が日々報道され先日も祝賀御列の儀において天皇、皇后のパレードが行われました。そして今、日本流の上賀茂神社での結婚式が憧れとなっている様です。以下、上賀茂神社の結婚式をご紹介します。

世界文化遺産の上賀茂神社その景観に溶け込む正礼装スタイル“ローブ・デコルテ”が脚光を浴びています。
ローブ・デコルテとは、夜会や晩餐会に着用するネックラインを露出させたドレスのこと。日本では明治期に女性の中礼服に定められ、女性皇族の正装として新年の祝賀の儀等で着用されています。
ローブ・デコルテと上賀茂神社。皇族にならった挙式の背景には、天皇の勅命としてはじまった賀茂祭(葵祭)を通じ、いにしえより続く皇室と神社との深い結びつきがあります。数々の資料を元に誂えたローブ・デコルテの三種。
《ドレス》国産シルクの最高級の生地を贅沢に用いた、世界でひとつだけの純白のドレスです。淑女にふさわしいエレガントなシルエットが、花嫁の内に秘められた美しさを引き出します。
《大綬》だいじゅ 金糸を用いた刺繍を全面に施した大綬。立体的な手刺繍で世界的に有名なインドのアトリエに発注し、数ヶ月の制作期間を経て完成した芸術品です。本来は勲章を吊るすための装飾品ですが、上賀茂神社の神紋「二葉葵」のロゼッタを勲章の代わりにあしらいました。たすき部分の刺繍は神社に植わる紅葉がモチーフになっています。
《アクセサリー》ティアラ、ネックレス、イヤリングもすべて、上賀茂神社独自の意匠による一点もの。繊細な美しさをたたえる草花模様のプラチナ台に、光を受けて輝くダイヤモンドと伊勢志摩の英虜湾で育まれた完全オーダーメイドの「賀茂真珠」を贅沢にあしらいました。ドレスには同じ生地で誂えたトーク帽をご用意。大綬同様、ポイントに立体的な手刺繍をほどこしています。

新郎衣装は国産最高級のウールを、この衣裳のためだけに作成した型紙をもとに仕立てました。追求したのは気品漂う、美しいシルエット。裏地には神紋を織り込んだ生地が使用されており、見えない部分にもデザイナーのこだわりが感じられます。また、装飾品としてシルクハットとステッキも。伝統にのっとったトータルコーディネートで、他では体験できない高貴な結婚式を演出します。
皇族が重要な儀式のときに着用する正礼装で、天皇陛下の即位関連行事が始まった5月以降、人気が高まっています。
女性には、楚々とした純白のドレスが、美しい日本の結婚式を叶えます。
-神前式の歴史-
今日のような神前式が始まったのは、明治33年に大正天皇のご成婚を記念して日比谷大神宮で行った結婚式からと言われています。結婚式の源流はというと、もっと古く室町時代の武家の結婚式までさかのぼります。室町時代には陰と陽の二つの式で構成されており、まず陰の式では花嫁は花婿の家へ行き、そこで合杯の礼をしました。式に参列するのは花嫁とその付添人、花婿、式をつかさどる人だけで、花嫁は白無地の着物を着用。三日後の陽の式では一転して色物のあでやかな姿で式に臨み、そのあと親族固めの杯を交して式は終わるというもでした 。
上賀茂神社ウエディングサンプル(3:56)YouTube→https://youtu.be/6iHHChHpx8I
上賀茂神社婚礼相談会→https://kamigamojinja-wedding.info/fair-calendar/記事引用
画像記事引用https://www.asahi.com朝日新聞デジタル

『マツダ映画社』

Posted by 

おはようございます☺️
04AE608B-A953-49B2-ABF2-F49C3EA95760
『マツダ映画社』足立区東和3丁目18−4
嵐寛、阪妻、千恵蔵……このチャンバラ映画の銀幕スターよりも人気があったのが、「弁士」だったことをご存知でしょうか?映画が「活動写真」と呼ばれていた時代、音や声のない画像だけの無声映画に、独自の語りで映画を引き立てる。それが「活弁」こと「活動弁士」でした。
「明治から大正、昭和初期までが無声映画の時代だったので、いまのお年寄りでも無声映画を見たという人が少ないんですよ。そのあとがトーキー映画ですから……。トーキーと言ってもピンと来る人も少なくなりましたね」と笑うのは、株式会社「マツダ映画社」の3代目・松戸誠さん、59歳。
22A2B8BC-BA73-4992-9784-ADAB41715B39
松戸さんの祖父「松田春翠(しゅんすい)」は、浅草で活躍した弁士でした。お客さんは映画よりも弁士を選んで映画館に来る時代だったそうです。当時の弁士は流行の髪型、最新の洋服を身にまとい、若くてかっこいい、いまで言うアイドル的存在でした。
「うちの祖父が仕事を終えて映画館を出ると、芸者衆が人力車に乗ってずらっと待っていたそうですよ」
弁士は映画館に所属し、他の映画館から引き抜きもあって、時の総理大臣よりも給料が高かったとか。その初代・春翠を継いだのが松戸さんの父親で、少年弁士として6歳でデビューします。しかし、無声映画の時代は「トーキー映画」の登場で終焉を迎え、7000人もいたという弁士は、俳優や司会、漫談家などに……。
2代目「松田春翠(しゅんすい)」さんは戦争に駆り出され、芸能班に所属し、芝居や語りで戦地を慰問して回りました。その仲間に九州出身の浪曲師がいて、戦争が終わったある日、「弁士をやってくれないか」と頼まれます。九州にはまだまだ娯楽が少なく、無声映画でも客が入るということで一座を組み、九州各地を旅巡業で回ることになりました。無声映画は何と言ってもチャンバラ映画が人気で、2代目春翠さんの語りに、観客から拍手喝さいが沸き起こります。ところが名場面なのに、フィルムが次のシーンに飛びます。あとで興行主に「なぜ、あの名場面がないんだ」と文句を言うと、「フィルムが痛んでいる」とか、「映写機にフィルムが引っかかるので、そのシーンを切って捨てちゃった」とか、まともな無声映画がほとんどないことを知るんですね。当時は「文化遺産」といった意識がなく、映画フィルムは消耗品。さらに空襲で焼けて、現存する無声映画は5%もないそうです。
1591F86B-BE6A-4540-B523-5387A4BC6727
「父は無声映画をなくしてはいけないと、昭和27年に『マツダ映画社』を設立し、不完全な作品も含めて1000作品を収集。弁士を育て、上映会を続けて来ました。そんな父も昭和62年、62歳でこの世を去り、27歳だった私が会社を継ぐことになったんです」
無声映画を知らない世代の3代目、松戸誠さん。会社を続けて行くべきか迷った時期もありました。それでも無声映画を上映すると、興味のなさそうな高校生から「面白かった!」と喜ばれ、そんな声に励まされて、ここまで続けることができたそうです。
「いまも弁士と楽団が一組となって、鑑賞会を定期的に開いています。初めて無声映画を見た人は、ライブ感覚の新しさに感動し、『もっと観たい』とファンになってくれるんですよ」
「映画にまだ音がなかった時代、映画館は活動弁士の声、楽士の演奏する音楽、観客の歓声、かけ声、野次、そして涙と笑いに溢れていた。当時の映画館は、ライブパフォーマンス会場だったのです。」
「雄呂血」(おろち)をはじめ、無声映画の名作が見られる『無声映画祭』が、11月19日から毎週火曜日、午前10時30分より渋谷TOEIで開催されます。マツダ映画社主催の『無声映画鑑賞会』も定期的に開かれています。
詳しい日程は、マツダ映画社のホームページでご確認ください。
マツダ映画社http://www.matsudafilm.com

『TOYOTA SHARE』&『チョクノリ!』

Posted by 

おはようございます😊

 

News Release

『TOYOTA SHARE』&『チョクノリ!』
LINEは開発中のAI(人工知能)プラットフォーム「Clova」(クローバ)を活用した自動車向けサービスの開発で、トヨタ自動車と協業している。
そして、ソフトバンクとトヨタ自動車が、新時代のモビリティサービス(移動サービス)の構築を目指す合弁会社『MONET』を設立。地域連携型オンデマンド交通や企業向けシャトルサービスといったオンデマンドモビリティサービスを提供しつつ、将来的にはトヨタ自動車が構想しているAutono-MaaS(自動運転車によるモビリティサービス)の実現を目指しています。
そこで、トヨタ自動車は、10月28日にトヨタ販売店/トヨタレンタリース店のカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」と、トヨタレンタカーの新サービスとなる無人貸渡しレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を開始した。
TOYOTA SHAREでは全国共通サービス制度を構築し、アプリとデバイスを開発。入会金はなく、月会費も立ち上がりは無料キャンペーンを実施する。コンパクトカー、ミニバン、SUVなどを利用できる。
スマートフォンアプリで車両の解錠施錠を可能にするSmart Key Box(SKB)、カーシェア運用に必要な車両情報(位置情報と走行距離)を取得する通信機「TransLogII」を開発。スマートフォンがあれば会員登録から車の解錠施錠、返却、精算までを行える。今後は決済手段の多様化やポイント付与、法人向けサービスなども拡充していく。
チョクノリ!はトヨタレンタカーの品質と料金はそのままに完全無人とし、貸渡と返却手続きの時間を短縮した新サービス。ワンウェイシステム(乗り捨て)は不可で、給油カード搭載による走行距離精算を実施している。TOYOTA SHAREと同様、全国共通サービス制度を構築して専用アプリと新デバイスを利用していく。
記事引用https://www-itmedia-co-jp.2019年10月29日ITmediaMobileニュース
画像トヨタ

からあげくん

Posted by 

おはようございます🎶

 

D442F62C-727B-4C9B-B6EA-AF13578DF3AB

『からあげくん』
ローソンが、宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster」に出展いたしました。S-Boosterは宇宙を利用したあらゆるビジネスアイデアを発掘するコンテストです。
ローソンブースはこれまでの「からあげクン」の宇宙食化をめざしている軌跡やローソン宇宙プロジェクト などを展示しました。
国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士に提供する宇宙日本食として、「スペースからあげクン」の開発に取り組んできた。
この取り組みは、宇宙飛行士たちからの「宇宙でもお肉が食べたい」という声から始まったもので、数十回の試作を経て、11か月の保存性試験に合格。JAXAが宇宙日本食認証基準の特例に定める「Pre(プレ)宇宙日本食」としての認証を受けました。
「宇宙日本食」は、ローソンが提案した食品をJAXAが評価し、宇宙食としての基準を満たしている場合に与えられる認証。コンビニエンスストアのオリジナル商品が「Pre(プレ)宇宙日本食認証」を受けるのは、今回が初めてです。
画像記事引用https://www.lawson.co.jp/lab/space/

ブックカフェ『6次元』

Posted by 

おはようございます🌷

 

0580C2FD-2173-41D3-823D-0150DA902837
ブックカフェ『6次元』
『人が集まる「つなぎ場」の、つくり方―都市型茶室』 杉並区上荻1丁目10−3(2F)
フリーランスでテレビ番組のディレクターをして、今はブックカフェ「6次元」の運営「作家活動」「金継ぎ」をしているナカムラクニオさん。(48歳)
高校時代から美術活動を始め、横尾忠則の目にとまり17歳で初個展し、多くの公募展など受賞しました。また、西麻布にあった現代美術館のスタッフをしながら世界を巡り美術書を収集、移動販売をしていたそうです。
大学卒業後はフジテレビ制作会社に入社し「ASAYAN」「開運!なんでも鑑定団」、「地球街道」などを手掛け、37歳の時に独立し、フリーランスになりました。NHKワールドTVなどで国内外の旅番組や、日本の文化を伝える国際番組を担当しました。
2008年、ブックカフェ「6次元」を設立。
現在、「6次元」オーナーとして年間200回を超える美術、本、旅、金継ぎ、などのイベントの企画、運営、執筆活動と、さまざまな仕事に取り組んでいます。
ジャズバーの跡地をリノベーションしたブックカフェで、村上春樹関連本を執筆するナカムラクニオさんが店主を務めているだけあり、村上春樹ファンにとって「聖地」と呼ばれている場所だそうです。
5年前からいろいろな美術館で、相関図を使ったトークを続けてたらついに一冊の本ができました。
画家の人脈や系譜などを、相関図(チャート)を作って解説することです。チャートを用いることで画家同士の師弟関係や交友関係、ライバル関係までが見えてきて、より広く深く理解できて、新たな興味が広がります。
本書は著者が作成したチャートによって、画家の名前や作品、人脈について簡単かつ総合的に知ることができる、これまでになかった美術入門書です。「画家の成分分析」などには著者独自の新たな見解が含まれています。西洋美術と日本美術の2章構成で、美術史上最大の芸術運動であるルネサンス、日本人からも人気が高い印象派絵画、さらに日本が世界に誇る浮世絵を軸に、美術史の流れをチャートで紐解きます。著者自身による要点を押さえたイラストも、本書の見どころです。
美術に造詣が深く技術的にも素晴らしいナカムラさんのこの本『チャートで読み解く美術史入門』は、今までの退屈な美術史本とは違い、かなり楽しく読めそうです。
また、ナカムラクニオさんは海外に行くと必ず「市場」と「書店」に行くそうです。市場は良く聞く話しですが、その土地の食を知り、知識も覗けるそうです。本の装丁や内容でその国の歴史や現代の思考が感じられると他の皆様にも進めているそうです。
記事画像引用 https://shae–bear-com.2019.9.3 しゃえま偶感-part5

『死に行く者の祈り』中山七里

Posted by 

おはようございます😊

 

『死に行く者の祈り』中山七里

72AA7436-F32A-4CF0-99AB-0CE3CE51EC6B

 

浄土真宗”導願寺”に僧籍を置く「高輪顕真」は、出家したその日から教誨師を志していた。真宗で規定された研修を受けて推薦を得ると、仏教会会長の承認の上、各刑事施設から辞令が下りる。教誨師が不足していたのか、東京拘置所からの辞令はすんなり下りた。 だが、実際に拘置所に派遣された顕真は、頭に思い描いていたことと現実との乖離にひどく当惑した。囚人の死刑執行立ち会いはその1つだった。 絨毯が敷き詰められた執行室には中央に四角の赤枠が二重に施された踏み板があり、真上の窪んだ天井からはロープが垂れ下がっている。死刑囚の身体はすうっと穴に吸い込まれ、ロープが伸びきった張った音と首の骨が折れる音が重なる。キイキイと滑車を軋ませながら左右に揺れる振り幅が小さくなり30分後、全裸にされ、医師と検察官によって死亡が確認される。 教誨師とは、拘置された死刑囚と唯一面接できる民間人であり、教誨を望む死刑囚と対話し、ときに悔悟を促し、教え導く役割を負う。無報酬の「仕事」であり、多くの場合、牧師や僧侶など宗教家が、その役割を担う。そんな過酷な仕事をタダで誰がやるのか、と疑問が起こるが、宗教家にとって「教誨師」という肩書は「まことに美しい響きを持っている」そうだ。 教誨の仕事は個人教誨だけではなく、宗教行事や入所時指導、出所準備指導と多岐に亘る。囚人達を一堂に集めての集合教誨もそうした仕事の1つだった。顕真が初めての集合教誨で登壇した時に物語が動き出した。 死刑囚の中から顕真を懐かしむような視線を感じる。更に特徴の有る鼻だ。どこか愛嬌のある団子鼻だが、全体がうっすらと紫色のアザで覆われている。何であいつがこんな所に!他人の空似だろうかと、講話後に刑務官に名前を尋ねた。”あれは「関根要一」と言う男ですよ。” やはり!顕真の命の恩人の関根だった。それは大学の登山サークルで、亜佐美(女性)関根と顕真、3人で劔岳の登頂を目指す途中、天候の悪化に襲われ悪佐美が打撲のうえ失神、そして顕真も足を負傷、2人を置いて関根が救助を求めに行けば、その間に2人は凍死してしまう。関根は右手に亜佐美を抱え左の肩で顕真を支え、何とか山荘に2時間40分分後到着し、救援ヘリコプターで搬送され九死に一生を得た。 関根は住所不明になっていて、25年ぶりの再開がこんな所で!?関根はなぜ、男女カップルを殺めたのか?関根の言う理由が信じられない。この事件は顕真が仏門の修行中に起きていた。当時ニュースにもなったが、閉ざされた修行の身で何も知らなかったのだ。 顕真は真実が知りたくなり当時、関根の弁護を担当した弁護士に合い、検察官、所轄刑事など探偵染まがいの行動をした。初めは顕真が納得したかったのだが、所轄の若い刑事の「文屋」が顕真の考えに興味を示す。そこに冤罪の影が漂ってくる。 既に結審した判決は簡単に覆せない。新犯人を見付けなければならないが、関根は犯行を認め物証もある。 徐々に突き詰められる事実の落とし穴。職務中の失敗はそのほとんどが過信と盲従に根差している。驕り昂り、上からの指示命令に欠片も疑問を抱こうとしない。そう言う姿勢が数々の誤謬を生み出すのではないか。常に組織を疑い、己の未熟さと向き合うことが必要ではないか。 顕真が隠している過去も明らかになり、己が善として振る舞っている行いが別の誰かには悪行となる。どんな世界でも達観した者は一握りにすぎず、その他大多数は迷いながら日々を生きている。 刑事事件で無罪判決を勝ち取れば、被告人や支援者から感謝されるが、それで被告人が完全に悪夢から解放される訳ではない。有罪率99.9%のこの国でいったん刑事被告人になってしまうと、人の見る目は固定する。折角、再審して無罪判決を得ても、後ろ指をさす者は後を絶たない。先入観と偏見に阻まれて満足な社会生活を送れない。 過去の過ちを勝手に償っているつもりになり、互いの真実を隠し、誤解を招く。新たな真相が現実に浮かび上がる。 しかし、法務大臣は執行命令書に署名した。5日以内に行われる執行の報告は、執行その日の朝に死刑囚に言い渡され1時間後に執行する。関根は、刑務官所長からの執行が告げられた…時間がない!顕真の決断の瞬間とスピード感が溢れる。 自己犠牲をあだに美化し、死ぬことを賛美するなど愚の骨頂だ。死んで償えるものよりも生きて償えるものの方が大きいはずだ。

『閉鎖病棟-それぞれの朝-』

Posted by 

おはようございます😊
60039810-0B11-45B4-A75B-5C5354B201B7
『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説を
平山秀幸監督・脚本で映画化。
ここで描かれるのは、社会から疎外され、隔離された弱者たちが、それぞれの道をもがき苦しみながら模索していく、いわば今を生きていく上で必要なものを示唆させてくれる秀作です。

この映画は、死刑囚・梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)の死刑執行から始まります。首にロープがかけられ、一気に足場を奪われ……。しかし、まもなくして係員の手でロープから解放された彼は、まだ死んでいませんでした……!?
続いて舞台は、長野県にある精神科病院へ。そこには大小さまざまな心の傷を負った人々が入院しています。
元サラリーマン、チュウさんこと塚本中弥(綾野剛)もそのひとり。普段は問題なく日常生活を送れる彼ですが、時折聞こえる幻聴によってパニックを引き起こしてしまうのです。
またその病院の中には、死刑執行の際に脊髄を痛めて車椅子生活を余儀なくされている秀丸もいました。国家権力は死刑が失敗した事実を世間に隠すべく、彼をこの病院に隔離しているのです。
ある日、義父の暴力がもとで心を病む女子高生の島崎由紀(小松菜奈)が入院してきました。チュウさんや秀丸をはじめ、院内の人々の多くは彼女に優しく接していきます。
世間から閉ざされた世界ではありますが、それゆえに由紀は院内での生活に心の平穏を見出すようになっていきます。しかし、ある日院内で衝撃的な事件が……。
本作は先天性後天性を問わず、心の傷を持つがゆえに社会から疎外されがちな弱者によって織り成される集団劇です。
一応の主人公はチュウさんで、一般常識の感覚を日常的に持ちあわせながらも時折病のスイッチが入ってしまう、そんな彼の目線が入ることによって、常識と非常識のはざまに終始立たされながら生き続けなければならない人間の苦悩が明確になるとともに、心無い人々から迫害されることもままある弱者への慈悲が明確に示唆されていきます。
また、そんなチュウさんを含む入院患者らを大きく包み込んでくれているのが秀丸で、おそらくは院内で一見もっともまともに映えつつ、一方ではかつて死刑になるほどのおぞましい罪を犯した彼の二面性は、そのまま人間の光と闇を体現しています。
そして本作は理不尽な暴力の数々によって深く心傷つけられた由紀の苦悩と、それを凌駕しようともがく葛藤などによって、人はどこまで強くなれるのか、強くなれないのか、強くならなくてもいいのか、などが問われていきます。
そして最終的には、閉ざされた病棟の中に生きた3人それぞれは、深い闇の中からどのような朝を迎えることができるのかを描きつつ、見る者それぞれにも美しい心の朝が訪れるよう示唆していく。
秋も深まり始めて朝晩冷え冷えとしていく中、ふと気が緩んで心寒くもブルーな趣きに陥ってしまうことは誰しも経験あることかと思います。
特に弱者に対して総体的に冷たくなり始めて久しい現代社会において、日頃はさほど問題なく暮らしていても、ふとしたことでほころびが生じ、そこから一気に過酷な日々へ転じてしまう昨今の過酷さは、先日の台風をはじめとする天災の惨禍や、それに対する政治の杜撰な対応(および礼を欠いた上から目線的な非常識発言の数々)などからも明らかでしょう……。
心晴れない日々が続く中、弱者が生きていくための勇気を与えてくれました。人間と社会について改めて考えていく上でも必見の作品です。

記事引用https://cinema.ne.jp/recommend/heisa2019110209/

『ムービングハウス』

Posted by 

おはようございます🌼

 

6F8120CA-9887-45C9-B100-2E24EA26ECF8 2B8116E1-4463-4170-9937-223A553652B5

『ムービングハウス』
エコロジー建築にこだわる北海道の住宅メーカーが2016年に発表した「スマートモデューロ」。木造建築の“ 粋 ”をコンテナサイズにぎゅっと詰め込み、従来のトレーラーハウスとはひと味違った新しい住まいの形として注目を集めています。このほど、購入という方法以外に、レンタルプランが本格化。
簡単に移動可能なトレーラーハウスがレンタルできるとなれば、暮らし方の可能性は無限に広がりそうです。
「長さ12m、幅2.5mのコンテナサイズにあわせた、世界中どこにでも移動可能なミニマムムービングハウスです。設置、撤去、移動が容易にできるのが特徴です。移動可能といってもプレハブのような簡易的な住宅ではありません。外断熱工法による、断熱性、気密性の高い木造建築で、フレーム部分は100年の耐久年数を誇ります」北海道と沖縄に土地を持ち、春夏は北海道、秋冬は沖縄という二拠点生活もできちゃったりします。トイレは循環式バイオトイレユニットを使い排水管が不要で電気はソーラーシステムです。
記事引用https://toyokeizai.net/articles/amp/198545?page=3
こんな、プレハブでも、既存住宅の借り上げ(みなし仮設)でもない、第三の仮設住宅としての「ムービングハウス」を用いた応急仮設住宅の社会的備蓄を目指す、官民連携の取り組み「防災・家バンク」を通して、被災時の災害関連死や健康被害の軽減を目指します。
移動式木造住宅を利用した「ムービングハウス」は国際規格の海上輸送コンテナと形状・サイズが同じに設計された 「完成した一般住宅を応急仮設住宅として利用する」というアプローチで、災害時に迅速に被災地への設置を可能にした、新しい形の応急仮設住宅です。
ムービングハウスを用いた応急仮設住宅の普及を目指す官民連携の取り組みが「防災・家バンク」がはじまっています。 平常時は、宿泊・研修施設等として使用し、災害時には被災地に輸送し、災害救助法に基づく応急仮設住宅として有償で貸し出されます。
画像記事引用https://toyokeizai.net/articles/amp/198545?display=b

『下北沢周辺再開発』

Posted by 

こんにちは🍒
 638B90B9-E032-497C-973E-1D9DE8046567
『下北沢周辺再開発』
小田急線と京王井の頭線が交差する下北沢駅を中心とした再開発計画の概要を発表した。小田急は2019~20年にかけ、地下化した小田急線の世田谷代田―東北沢駅間のエリアに複合施設「下北線路街」を新設する。京王も21年ごろをめどに商業施設を開く。鉄道会社と地域が連携して、魅力ある街づくりを目指す。
小田急は線路を地下化して上下2線ずつに増やす複々線化事業を、18年3月に完成させた。これにより、下北沢駅を中心に線路や踏切があった地上部に広さ約2万7500平方メートルの用地を生み出した。下北沢駅東側にオープンスペース「下北線路街 空き地」を開業した。
飲食店や物販店が入居する商業施設に加えて、20年12月には客室数約50室のホテルをオープンする。ほかに箱根から温泉を運ぶ温泉旅館や学生寮、保育所なども開設を予定する。小田急はすでに、世田谷代田駅周辺にアパートや東京農業大学のオープンカレッジなどを開設している。
再開発に当たっては地域住民らと話し合いを重ね、要望を取り入れた。同日の記者会見で、小田急の社長は「地域と一体感のある景観づくりを進め、地域の方に愛着を持ってもらえる街を目指す」と強調した。
京王は井の頭線下北沢駅の高架下のスペースで開発を進めていく。商業施設のほか、世田谷区の図書館カウンターの開設を予定している。京王電鉄の社長は「下北沢の街づくりに少しでも貢献し、長い間親しまれる施設を作っていきたい」と述べた。
世田谷区は土地の一部を小田急から借り受け、駅前広場を中心に整備を進める。晴れた日には富士山を眺められるといった地域の特性を生かした整備を進める。駅間をつなぐ通路は緑化やベンチの整備などをし、住民の憩いの場にもなるようにする。世田谷区の保坂展人区長は「シモキタらしさともいうべき街の特性を残しながら、発展させる」と意気込んだ。
下北沢駅は1日当たりの乗降人員が小田急が約11万8千人、京王は約11万4千人。新宿にも渋谷にも近く、演劇や音楽といった文化の発信拠点でもあり若年層を中心に人気が強い街だ。駅周辺の再開発により、鉄道会社と行政、地域が一体となり街の魅力を高める。
記事引用https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50147460U9A920C1L83000?s=4
画像引用https://toyokeizai.net/articles/amp/24871?display=b&amp_event=read-body
1 / 2912345...1020...最後 »
PAGETOP